関キ災について

関西キリスト災害ネットワーク(通称:関キ災)は、首都圏直下地震や南海トラフ巨大連動地震など、今後の大規模災害に備えて、関西圏のキリスト教会、キリスト者、キリスト教諸団体でネットワークを構築することを目的としています。阪神淡路大震災以降、災害大国日本では、各地で震度6~7クラスの地震が発生し、また、地球温暖化による集中豪雨や台風被害など自然災害も続いています。特に南海トラフによる巨大地震は、今後30年間に70~80%の確率で起こることが予想されます。その被害想定は、静岡県から宮崎県にかけての一部で震度7になる可能性があるほか、広範囲で震度6強の強い揺れ、また、関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸の広い範囲で10mを超える大津波など、甚大な被害が想定されます。こうした状況下で、過去の経験から学び、有事の際に迅速に情報を共有し合えるような交わりが急務だと考えます。

■現在、関キ災ではおもに以下の5つの活動をしています

①ネットワークの拡大

②定期的な懇談会

③過去の災害に学ぶ

④諸教会への啓蒙活動

⑤全国の災害支援団体との連絡


■これまでの活動について

・2020年11月  9日(月)・・・第三回懇談会

・2020年  6月22日(月)・・・第二回懇談会(出席者24名) zoomによるオンライン会議 関キ災正式に発足

・2020年  3月23日(月)・・・第一回懇談会(出席者15名) 名称:関西キリスト災害ネットワーク

・2020年  1月13日(火)・・・第二回準備委員会(出席者6名)

・2019年11月25日(月)・・・第一回準備会(出席者5名)